こまみとマーブルグラミィ

今年は、パリーグ出身の選手を応援するという定義。それを中心に見ようとね。
http://photosnap.co/
中身、パリーグっていうのは、個を重視したシステムでね。ここで活躍した選手というのが、いまの半ば野球にはハマるのでしょうしね。
そういうのが、今ヤクルトに来て、共著よりも個を重視していただける。そうして、景色ですよね。追っかけとかも性能意識というよりも、ではある程度の余裕をもっていただけるいい意味でも腹黒い意味でも緩さ。そうして、アットホームな雰囲気で、他の組織から来た選手も温かく見守っていただける。受け入れてもらえる景色がね。とあるのよね。
それは良いことなのかな?というね。
そういうことですが、未だ3弱は2.5ゲーム格差なんでね。今シーズンはまだまだ終わっていない。熱い夏場がようやく立ち寄る。依然ストーブが必要な夏場、秋にはしたくないですね。
ただ、マネジメントは来季変えてほしいのは思っている定義。それでも、試せることはやるはおもうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です